富士ゼロックスの複合機をリースで買いたい!

リースで富士ゼロックス複合機を安く買う方法

富士ゼロックス(FUJIXEROX)のコピー機(複合機)をリース契約で購入したいという方へ。
同じ富士ゼロックスのコピー機を購入するとしても販売会社によってリース価格が違うということは普通にあります。

ここでは富士ゼロックス(FUJIXEROX)のリース契約をよりお得に、安く買う方法をご紹介します。

目次

1.リースの基礎知識「リースとは」(復習)

「リース(契約)」とは端的にあらわすと「分割払い」です。

ただし通常の分割購入(ローンや割賦)とは異なり、コピー機の所有者(持ち主は)はあくまで「リース会社」です。
つまりリース期間(契約期間)が終了したら、そのコピー機をリース会社へ返却しなければいけません。

またレンタルとリースも異なるものです。
レンタルは短期間、リースは長期間の利用となっています。
※リース期間は5~6年に設定されているものが多い

そして「リース」は「新品」の複合機でしか契約できません。

リース契約のメリットとデメリット

▼メリット
  • 導入費用が大幅に下がる
  • 月の支払いが経費扱いになる

複合機はどんなに安くなろうとも気軽に購入できる価格ではありません。
とくに新規開業では初期にかなりの金額が出て行きます。それを月の支払いに、かつ分割で可能とあれば、事業がやりやすくなるというもの。
また月の支払いが経費扱いになるのも特徴の一つです。

▼デメリット
  • 途中解約ができない
  • リース終了後は返却
  • 総額は買取(一括支払い)よりも高くなる

途中解約はできません。
そのため万が一途中でやめたいときは残りのリース料をまとめて支払う必要があります。
このように「支払いが長期にわたって続く」という点は留意すべきところです。

またリース終了後は基本返却となります。
もちろん「再リース」「契約の継続」「残額価格を支払い買取」を行えば返却以外の選択肢もあります。

リースの相場

リースの相場は「6,000円未満~28,000円以上」と幅があります。
というのも「印刷速度」「カラー・モノクロ」「オプション」など性能や追加機能によってリース料に違いが出てくるからです。

明確な料金はやはり販売会社に見積もりを出し確認する必要があります。

2.「富士ゼロックス」コピー機の特徴

「富士ゼロックス」コピー機の特徴

富士ゼロックス(FUJIXEROX)は世界中で市場も持つ大手複合機メーカーの一つ。
世界で始めて「業務用コピー機」の前身となるものを作ったという話があるほどかなりの歴史を持つ、コピー機の老舗です。

その富士ゼロックス(FUJIXEROX)が提供するコピー機には「色の再現力」「耐久性」「アフターサービス」といった特徴があります。

色の再現力

富士ゼロックス(FUJIXEROX)の色の再現力、うつくしさ、鮮明さはクリエイティブ職に多く選ばれるほどの性能です。

耐久性

繊細な色の再現をする一方で大量印刷に耐えうる力も注目すべき点です。
もともと大手企業や大規模オフィスで選ばれているメーカーのため、長寿命にはかなり力を入れています。

アフターサポート

顧客満足度8年連続No.1!
富士ゼロックス(FUJIXEROX)機種はアフターサポート、保守サポートで選ばれることも多いです。

3.「富士ゼロックス」複合機をリースで安く購入する方法

富士ゼロックス複合機をリースで安く購入する方法をご紹介します。
他のメーカーにも通じる部分でありますので、ぜひご確認ください。

相見積もりをかならずとる

相見積もりは必ず取りましょう。
リースの相場はこれより前にもお伝えしておりますが、かなり幅があり、機種や環境によっても変わります。
またリース金額はもちろん、その他の費用も販売会社によって異なりますのでかならず見積りは取り、比較をするようにしましょう。

保守料金を確認

ついつい「リース料金」の金額に目が行きがちですがここも確認したいところ、それは「保守料金」です。
たとえばリース自体の料金が安くても、メンテナンス費用がとても高ければ、意味がありません。
各販売会社の月にかかるランニングコスト、トータルの料金はいくらかなど内訳も確認しつつ、検討しましょう。

4.「富士ゼロックス」コピー機のリースが安い販売店

リース購入OKな「富士ゼロックス」コピー機販売店

すでにお話したとおりリース料金は販売会社によって異なります。
そこで「富士ゼロックス(FUZIXEROX)のコピー機をリースで買うならここ!」とおすすめしたい販売店をいくつかピックアップしました。

すべてweb販売のサイトとなっていますが、そちらの方が断然お得です。
ぜひご参照ください。

OFFICE110

利用者の70%が5,000~10,000円台のリース料で導入しているという格安コピー機・複合機の販売店「OFFICE110」。もちろん「富士ゼロックス(FUJIXEROX)」も扱っています。
またOFFICE110ではさまざまなキャンペーンをやっているので、もし複合機の導入を検討しているのであれば、定期的にwebサイトをのぞくことをおすすめします。

OFFICE110(富士ゼロックスのページ):https://office110.jp/copy/fujixerox/

コピホーダイ

アフターフォロー、サポート体制が整っている販売会社です。
複合機に「故障」を自動で検知し、技術者へすばやく取り次いでくれるため、復旧を待つ時間を大幅短縮。業務を妨げるエラーの対応がとても早い!と、窓口へこちらから連絡する手間がなく、やりとりを簡潔にできます。導入後手厚くサポートしてほしいというのなら「コピホーダイ」がおすすめです。

コピホーダイ:https://www.41copy.jp/

OAランド

圧倒的情報量と丁寧でわかりやすい説明がおすすめの「OA」ランド。
はじめて複合機を買ったり、選んだりする際に知っておきたい情報も多いため、一読することをおすすめします。またwebサイトはもちろん実際の対応もスムーズ。複合機導入に関し、おすすめを選んでほしいという場合にぜひ一度お見積をとってみてはいかがでしょうか。

OAランド(富士ゼロックスのページ):https://www.oaland.jp/commerce/products/list/56/

5.まとめ

リース契約だとしても上手に買う方法はあります。
今回は富士ゼロックス(FUJIXEROX)のリース購入についてお話いたしました。
コピー機・複合機のリース契約も知らないと損!なことはたくさんあります。
導入前にはぜひご参照ください。

富士ゼロックス複合機を安く買うなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です